シンプル生活、開始。

ITの力と自然の恵みを取り入れて、シンプルライフを目指すブログ。

家計簿のアプリZaim(ザイム)は無料版でも大いに役目を果たしてくれます

現在、家計簿はスマホアプリ版のZaimを使用しています。

レシートをカメラで撮影する機能が便利で、入力した情報の内訳がひと目でわかります。

 

Zaim

簡単家計簿&自動家計簿アプリです。

レシート読み取りで家計簿が簡単に入力でき、銀行やクレジットカードを連携すれば、自動的に家計簿が記録され、より簡単になります。

対応済みの金融機関は約 1,500。情報はすべて暗号化されているため、セキュリティ対策も万全、安心です。

家計簿アプリとしてはもちろん、お小遣い帳、資産管理(自動家計簿)アプリ、夫婦の共同家計簿アプリ、節約アプリ、貯金アプリ、予算管理アプリなど多様な用途に利用されています。

 

 f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200108220914p:plain

   Xb100 - jp.freepik.com によって作成された business 写真

zaimを使おうと思ったきっかけ

部屋の整理整頓を始めた頃、使っていない沢山のモノを見て、いくらくらい使ったんだろう?と思うようになりました。

今まで家計簿をつけた事がなかったので、何にいくら使っているのか、家の収支が現在どうなっているのかを把握したくなりました。

家計簿をつけることで、無駄な出費を抑えることにもつながりそうだったので、評価も高くスマホで管理できるZaimを使ってみました。

 

zaimを使って良かった点

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200108222920p:plain

     Jcomp - jp.freepik.com によって作成された tree 写真

 

①レシート読み取り機能で簡単に入力できる

購入したモノを記録をする際、「レシート・手入力・よく使う」という3つの項目から選んで

記録をする事ができます。

このレシート読み取り機能は、レシートをカメラで撮影すると、内容を読み取ってくれて、1つづつ項目を入れる必要がないので簡単に記録できます。

お店の名前や電話番号も入れて撮影すれば、それも読み取ってくれます。

レシートが手元にある時は、カメラでカシャッとするだけなので、ほとんどこの機能を使って入力しています。

撮影した内容のカテゴリや商品名が時々異なりますが、その時は編集で変更することができます。

あまり長いレシートだと、きちんと読み取ってくれないことがあります。

 

②夫婦共同で使用できる

Zaim専用のメールアドレスとPWを用意し、それぞれが同じアカウントにログインできるようにしました。

自分で使ったお金は自分でZaimに入力する、という決まりをつくりました。

何にいくら使ったか、相手に筒抜けなので、以前よりモノを買うことに慎重になりました。

あとはお互いに相談することが増えました。

購入したいものを伝えて、意見を聞くようになりました。

そして、抑えた出費分で旅行に行きたい、資産運用にまわしたい等、お金について話し合う事が増えました。

 

③画面がシンプルでわかりやすい

スマホのZaimを開くと、下部に「ホーム履歴分析」の3つの項目があります。

ホーム画面を開きます。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200109154053p:plain

 

画面はシンプルで見やすいです。

現在表示されているのは、予算比で設定してある数字です。

使ったお金が今いくらで、今週いくら使って、残額がいくらあるのかがひと目でわかります。

この表示は、他に収入比前月比がありますので、自分の好きな項目で表示することが可能です。

予算比に関しては、予算の決め方が自分で入力家計のバランス診断という2つの方法があります。家計のバランス診断というのは、質問にいくつか答えていくと収入や家族構成にあわせて適切な予算を出してくれる機能です。

 

次に履歴の画面です。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200109153817p:plain

入力した項目が日別で確認できます。

例えばスーパーで3000円くらいの買い物をして、詳細な内容を確認したい時は、その項目をタップすれば1品1品の品物名と値段が確認できます。(画像だと2858円の所)

 

次は分析の画面です。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200109151916p:plain

まずは円グラフが表示されます。全体の収支、割合がわかります。

現在は支出の円グラフですが、真ん中の支出という文字の部分をタップすれば、収入の円グラフに切り替わります。

画面右上に月別と表示されていますが、こちらは週別・月別・年別の3種類の表示が可能です。

 

画面を下にスクロールしていきます。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200109151924p:plain

 

カテゴリ別の一例です。

他にも医療・通信・水道光熱・住まい・クルマ・税金・大型出費・その他があります。

こちらもひと目で、どのカテゴリにいくら使用したのかわかります。

カテゴリの内訳ですが、自分で項目を作り、追加することができます。

例えば、食費というカテゴリの中に食料品・カフェ・朝ご飯・昼ご飯・晩ご飯・その他という項目がデフォルトであります。

デフォルトの項目以外で入力したい、という場合があると思います。

例えば外食・健康食品・嗜好品など。

自分で項目を追加できるのは、便利だと思いました。

 

おわりに

家計簿は、毎日続けられる事がポイントになると思います。

あまり多機能で複雑なものだと、面倒になってしまい、途中で辞めてしまう可能性があります。

Zaimは操作が簡単で、入力した情報がわかりやすく表示されていると思います。

ここで記載したことは、Zaimの無料版機能の一部です。

無料版使用できる、銀行とクレジットカードの連携をまだ行なっていないので、それを使えば更に便利になると思います。(今は手動で入力しています)

もっと詳細に徹底的に家計管理してみたい方は有料版のプレミアムがあります。

今のところ無料版でも満足しているので、このまま続けてみようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

>