【石川 白山】白山吉野オートキャンプ場 withことり隊

2018年8月に石川県白山市の白山吉野オートキャンプ場に宿泊しました。

 

 

 白山吉野オートキャンプ場

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191535p:plain

白山ろくテーマパークのアウトドアの拠点として、オートキャンプ・バーベキュー場を核とした園地となっています。

〒920-2321 石川県白山市吉野ト92-5

TEL:076-255-5353

 

料金

オートサイト(AC100V電源付き)1サイト

宿泊(12時〜翌10時迄)→5000円

日帰り(10時〜17時迄)→2500円

延長→時間延長2時間につき500円

 

フリーサイト 1サイト

宿泊(12時〜翌10時迄)→2000円

日帰り(10時〜17時迄)→1000円

延長→時間延長2時間につき500円

 

備品レンタル

テント(3〜5人用)→1張3000円

シャワー     →5分100円

洗濯機      →1回200円

乾燥機      →1回200円

ゴミの引取    →1律300円(持ち帰りの方は不要)

ハンモック    →1基1000円

 

ここが良かった!4点 

①荷降ろし・荷積みの際の車入れOK

今回フリーサイトに宿泊した決め手はこれがあったからです。

割り当てられたサイトのすぐそばに車が通れる道が1本あります。

荷物は頑張って少なくしても結構な量があるので、

駐車場からサイトまで遠いと荷物を運ぶ往復だけで時間がとられてしまうので

本当に助かります。

 

②ネットで予約が可能

電話予約は時間が限られたりします。

ネット予約が可能だと時間を気にせず、希望の日の予約の状況がすぐわかるのもいいですね。

 

③整備されていて綺麗

キャンプ場の目の前には遊具や芝がきれいに整えられていて、とても綺麗。 

 

④近くに温泉あり

吉野キャンプ場から車で約3分の所に「めおと岩温泉 ラクヨウ」があります。

キャンプ場の宿泊を決める際、キャンプ場の近くに入浴施設があるかどうかは

大事なポイントになると思います。 

 

キャンプ場に到着

受付

キャンプ場に到着したら管理棟に行き、受付手続きをします。

私達の時はサイトにいくつか空きがあり、サイト場所を選んでいいよと言ってくれました。

混んでいる時はサイトを指定されるようです。

実際に場所を見てから、決めたサイト場所を管理棟の方に伝えます。

ゴミはキャンプ場で処分したかったので300円を払い、他にサイト代も払います。

あとは、注意事項等を伝えてくれます。

疑問点があれば、管理棟の方に聞くといいと思います。

 

車でサイト場所へ

受付が済んだら早速準備にとりかかります。

車から必要な荷物を全部おろし、テントを張ります。

テントは5〜6人用で大きく、とても気に入っています。

ことり隊たちもチェアでくつろいでいます。

セット完了!

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191423p:plain

 

組み立ても2人で行えば簡単で、慣れれば10分くらいで設置できます。

雨の日でも浸水することなく、快適に過ごせます。

 

他のキャンプ場の記事はこちら。

www.corydoras-schwa-schwa.com

www.corydoras-schwa-schwa.com

キャンプ場内

サイトの周辺は自然に囲まれています。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191433p:plain

 

 

近くにきのこの森という遊歩道があります。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191407p:plain

 

 

サイトの目の前には遊具があります。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191357p:plain

 

バーベキュー場

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191334p:plain

 

洗い場

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191320p:plain

 

オートサイトの東側に川と橋があります。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191520p:plain

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191448p:plain

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191505p:plain

 

 

これは買ってよかったグッズ

ハンギング ドライネット

テントと木を繋いだロープなどに吊るして使用するネットです。

洗った食器やコップを入れておけば自然乾燥します。

箸やスプーンなどのこまごましたものも、ここに入れておけば

失くすことがないです。

このネットは普段使いもできます。

私は、しいたけや野菜を干す時に使っています。

あとは、通気性が良いので、少しの期間の保管場所にもなります。

たまねぎや果物が長持ちします。

ネットで虫も防ぎます。

私が持っているのは1000円くらいのノーブランドのものを使用していますが

コールマンなどのブランドはオシャレです。

 

おわりに

私たちが宿泊した時は、ファミリーやソロキャンの方もいました。

あとはバーベキューのみで来ていた大学生くらいの子達もいました。

設備が整っているので、キャンプの経験が浅い方や子連れの方にはぴったりだと思います。

吉野キャンプ場はまた行きたいです!

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190627191217p:plain

 

>