紙の断捨離 デジタル化 スキャナー&裁断機

紙の断捨離をする為に、スキャナー裁断機を購入しました。

紙の断捨離

モノがある程度減ってくると、今度は大量にある紙(書類、ハガキ、手紙、明細、本等)を断捨離したいという段階にきました。
デジタル化すれば、かなりの量の紙が減り更に部屋をすっきりさせる事ができると、前から考えていました。

ただ、大量にあるので重い腰がなかなか上がりませんでした。
ですが、衣類や小物等、断捨離をしてきて部屋がすっきりしてきたのを実感しているので、新たな段階に進もう!とスキャナーを購入してみました。


スキャナー購入

商品説明

読取方式: 自動給紙機構(ADF)、両面同時読み取り(自動給紙モード、手差し/単送モード)
読取モード:片面/両面、カラー/グレー/白黒/自動
光学解像度:600dpi
読取範囲: A4 (キャリアシート使用時のみA3対応)
インターフェース: USB3.1 / USB3.0 / USB2.0 /USB1.1(コネクタ:B Type) Wi-Fi: IEEE802.11 a/b/g/n/ac
外形寸法 幅×奥行×高さ : 292mm×161mm×152mm(スタッカー等突起物を除きます。)
重量: 3.4kg

スキャナーを使用した感想

勝手な思い込みだったのですが、スキャナーはもっと大きいゴツいものだと思っていました。
小さくてコロンとした様がかわいいです。場所もとりません。
比較するために500mlのペットボトルを置いて写真に撮りました。
スムーズにスキャンされて、早くて静かです。
PCやタブレットで文字がちゃんと読めます。
なんだか面白くなって、次々スキャンしていきました。


裁断機の購入

本をスキャナーにかけようとしてカッターで切ろうとしましたが、時間がかかりすぎる!
それに切り口も綺麗じゃない。
時間もかかるし、綺麗に切れないし、ストレスにもなる。
これではだめだと裁断機を購入しました。

商品説明

18mmまでの書籍の裁断が可能。
使わないときはコンパクトに収納可能。

【サイズ】幅400×奥行340×高さ170mm(ハンドル収納時)
【重量】約9.8kg
【裁断可能サイズ】厚さ18mm、幅306mm(A4ヨコ対応)


裁断機を使用した感想

もっと早くに裁断機を購入すればよかったと思っています。
時間は一瞬、切り口も綺麗、ストレスフリー。
値段が少々高いので躊躇してしまっていましたが、これは一度使ったら手放せませんね。
歯が消耗品なので、どれくらい持ってくれるのかは不安はありますが。
最初の1冊を裁断する時は、うしろめたいような、なんとも言えない気持ちでしたが、切った時の快感と慣れで、今はザクザク切っています。
立てて収納できる所がとても良い商品です。

これで、少しづつ紙の断捨離・デジタル化を進めていきたいと思います。



>