シンプル生活、開始。

※ブログの引っ越しをします→新ブログ「今日のちりつも」https://chiritsumolife.com

電動歯ブラシと手磨きの差に驚愕!フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーンは多くの汚れを早く除去できます

電動歯ブラシのPhilips Sonicare DiamondClean(フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン)は、5つのモードを搭載し、自分の歯の悩みに合わせて選択できます。

使用中の振動が気持ちよく、使用後の歯のスッキリ感とツルツル感はやみつきになります。

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122140428p:plain

Freepik - jp.freepik.com によって作成された background 写真

 

Philips Sonicare DiamondClean(フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン)

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134919p:plain

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134930p:plain

商品詳細

ソニッケアーは毎分約31,000回の超高速振動に加え、ブラシヘッドが幅広く振幅することでで音波水流を発生し、毛先の届き難い歯間部奥歯などの歯垢を効果的に除去します。

歯垢除去力は手磨きの10倍です。

5つのモードから悩みに合わせて選択することが出来ます。

コーヒー、紅茶、赤ワイン、タバコなどの日常的なステイン(着色汚れ)を約1週間で落とします。

 

使い方

歯磨き粉をつけたら、歯ブラシを口の中に入れます。

口の中に入れる前にスタートボタンを押してしまうと、歯磨き粉が周りに飛び散って、悲惨なことになりますので注意して下さい。

スタートボタンを押すと動き出し、ボタンを押してモードを選びます。

 

あわせてよみたい

www.corydoras-schwa-schwa.com

5つのモードから選択できます。

クリーン→歯をきれいに ②センシティブ→歯と歯茎にやさしい

ポリッシュ→歯をつやつやに ④ホワイト→歯を約1週間で自然な白さへ

ガムケア→歯茎をケア

 

磨く時間の目安として、便利な機能がついています。

カドペーサー機能というものが搭載されていて、一定の間隔で短いビープ音が鳴り、一瞬ブラシが止まります。

口の中を上と下、表と裏の4箇所に分けて、それぞれ一定の時間で磨くためのお知らせ機能です。

4箇所に分ける磨き方が良いそうです。

自分で磨いていると、たくさん磨いている部分と、あまり磨いていない部分があると思います。

時間内で効率よく、きれいに磨ける手助けをしてくれる機能は良いです。

 

使用感

ブラシの振動がマッサージのようで気持ちいいです。

舌で歯を触ってみると、ツルツルしています。

手磨きで磨いた後は、部分的にザラザラしている箇所があったので、改めて機器の力のすごさを実感しました。

口の中もスッキリして、爽快感があります。

 

充電方法

日常生活では、ハンドルを付属のグラスに立てる(入れる)だけで、充電できます。

コップに歯ブラシを立てて入れるのと同じ感覚です。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134837p:plain

 

旅行や外出時は、専用携帯ケースが付属していて、ケースにUSBケーブルで充電できるようになっています。

しっかりとした作りのケースで、ハンドル、ブラシが収納でき、持ち運びに困りません。

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134846p:plain

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134856p:plain

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20200122134911p:plain

 

磨き残しのチェック

以前、歯科矯正をして、今は3ヶ月に1回定期検診に行っています。

その時に、歯がきちんと磨けているかチェックしてくれるのですが、磨き残しを%であらわしてくれます。

試しに、手磨きの日と電動歯ブラシの日と、歯みがき方法を別にして行きました。

結果は、手磨きは35%電動歯ブラシは15%でした。

この結果からも、電動歯ブラシのすごさがわかります。

 

おわりに

健康であることは、節約につながると思います。医療費が、かからないからです。

例えば虫歯になると、よほど小さなものでなければ1回で終わることはありません。

何回も歯医者に通うことになり、時間とお金がかかります。

できるだけ日常生活で予防したり、ケアできることはしたいと思っています。

機械の力をかりて、健康な歯を保ち、できるだけ長く自分の歯で美味しいものを食べたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

>