飲み水代節約 パナソニック 浄水器

先日、浄水器を取り付けました。

思った以上に良いお品で毎日使用しています。

 

 

浄水器を購入する前

通販で約2000円強の価格で、500mlのペットボトルの水を購入していました。
1回に注文していたのは48本です。 (約一ヶ月分)
通常飲む水とは別に、災害時に備蓄している水も置いているので 結構場所を取っていました。

 

Panasonicパナソニック 浄水器 TK-CJ12

 

f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190621164746p:plain

 

特徴

①蛇口直結タイプ

②取り付け簡単、お掃除ラクラク設計でいつでも清潔

③レバーで切り替えが簡単(浄水・水道水・シャワー)

 

カートリッジ

17種類除去のカートリッジ使用

(交換目安は約1年または4000L、1日の使用の目安 約10L)

カートリッジ1本で約4000Lの水を生成でき、2Lのペットボトルに置き換えると約2000本分。1Lあたり約2.2円。

 

 

浄水器購入時に迷った点

カートリッジの交換と費用

浄水器本体カートリッジで使用することができます。

カートリッジは消耗品なので定期的に替えなければいけません

本体が安くても、カートリッジが高かったり、交換回数が多いと費用がかさむので、トータル的な費用がどのくらいかかるか

といった点も考えました。

カートリッジの多くは2ヶ月、3ヶ月で交換というメーカーが多かったです。

 

除去の数

パナソニックのカートリッジは除去物質の数によって交換時期が異なります。

20種類→カートリッジ交換目安が6ヶ月

17種類→カートリッジ交換目安が1年

 

3種類の違いでカートリッジが1年持つなら17種類で十分と考えました。

 

使用した水量がわかるメーター付きをつけるかどうか

カートリッジの交換時期は書かれていますが、交換時期より前に交換の目安の水量に達した場合も交換が必要となります。

使用した水量がひと目でわかるので便利だなとは思いましたが、

そこまで敏感になる必要はないかなと、メーターはつけないことにしました。

 

飲み比べ

水道水と浄水を飲み比べてみて最初に思ったことは、浄水は臭みがない。

臭みがなく、味もまろやかな気がします。

水道水は臭みが結構あるんだなと思いました。

 

浄水器を購入して良かった点

ペットボトルの購入不要

家でおいしい水がすぐ飲めて、水をわざわざ購入しなくて良くなりました。

注文や受取に割いていた時間を他のことに使えます。

 

家がすっきりした

ペットボトルを置いておく場所が必要なくなったので、家がすっきりしました。

ものを減らしたいと思っているので、今回の見直しは大正解でした。

 

ペットボトルのゴミが減った+エコ

ペットボトルを買わなくなったので、ゴミが減りました。

外に持ち歩きたい時は、サーモスの水筒に入れていきます。

 

節約につながる

ペットボトルを購入していた時は1年で

ペットボトル約2万円+水道代を払っていました

今回購入した本体とカートリッジは約6千円でした。

翌年からはカートリッジ代の約4500円+水道代です。

取り付けて間もないので水道代はわかりませんが、1Lあたり約2.2円ということなので

そこまで水道代が跳ね上がることはないと思います。

年単位にすると、かなり節約できそうです。

 

>