食生活アドバイザー

現在、7月に実施される試験にむけて
食生活アドバイザー3級の勉強をしています。

「生活」と「食」は切っても切れない関係です。
今回は食生活アドバイザーについて記していきます。




食生活アドバイザーとは

食品学、栄養と健康、衛生管理、食文化、食習慣など、食生活に関する幅広い視点から、
健康な生活を送るためのアドバイスを行います。

食生活アドバイザーの資格を取得しようと思ったきっかけ

食生活の現状把握と改善がしたい

冷えがひどくなり、太り始め、
白髪が生えてきた事がショックで
今の食生活で必要な栄養素を取れているのか
現状と改善を図りたいと思ったからです。

日々の生活に活かせる事

栄養素や食中毒について等
日常の生活に直結している事項が主なので
学んで損はないと思いました。

勉強方法

通信講座もありますが
私は公式テキストを購入しました。
実施団体が唯一出版しているテキストだからです。
本の価格は2千円程でした。


公式テキスト
f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190225090114p:plain


f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190225090105p:plain


f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190225090054p:plain


f:id:Corydoras-schwa-schwa:20190225090125p:plain

白髪や抜け毛予防は、ビオチン!!

公式テキストを読み進めていくと
改めてわかった事や
言葉は知っていたけど意味がわからなかった事などを知ることができました。

試験について

食生活アドバイザー検定の種類

2級と3級

受験資格

受験の制限はありません

試験日

年2回(7月・11月)実施予定

受験料

3級 4,800円
2級 7,500円
3級・2級併願 12,300円

出題範囲

栄養と健康(栄養・病気予防・ダイエット・運動・休養など)
食文化と食習慣(行事食・旬・マナー・配膳・調理・献立など)
食品学(生鮮食品・加工食品・食品表示食品添加物など)
衛生管理(食中毒・食品衛生・予防・食品化学・安全性など)
食マーケット(流通・外食・中食・メニューメイキング・食品販売など)
社会生活(消費経済・生活環境・消費者問題・IT社会・関連法規など)

出題形式

3級理論問題:選択問題(マークシート形式)
2級理論問題:選択問題(マークシート形式・記述式問題)

試験時間

3級・2級ともに90分

合格基準

3級:1問2点 合格点60点以上(100点満点)
2級:選択問題1問2点・記述問題1問3点 合格点74点以上(123点満点)


7月の試験に合格できるよう
毎日、こつこつやっていきます。
試験の結果も追記していきます。


>